--年--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010年04月21日(水)

ありがとう***

こんばんは―***
そしてお久しぶりです―***
気づけば2週間以上放置ですか…毎度すいません

今月の前半はちょっと忙しかった…かな?


入院中のおじいチャンの容態が急変して、急きょ実家へ1泊3日(夜行バスの移動なのでw)の里帰り。。。

地元帰ってきた時には何とか安定して、アタシがお見舞いに行った時は
アタシの名前呼びながらニコニコしてくれましたッ
でも、お正月に地元に帰った時のおじいチャンは入院することもなく元気な姿だったし、
酸素マスクしながら苦しそうで、寝たきりに近い状態のおじいチャンの姿に正直驚きました…

結局、企業の選考試験もあったりで1泊してまた札幌へ帰宅
そして…その2日後におじいチャンが亡くなりました。

地元に再び戻って…いっぱい泣いちゃったな―
でもまだ何だか実感がないのです。
また地元に帰省したらおじいチャンが「よっ!」って出迎えてくれる気がしてならないのです。

とかいって、こうやっておじいチャンのこと文におこすとまた涙が止まらない私なのですが


いつもおじいチャンとは何話せばいいか分からなくて、あんまり会話できなかったなー
その分お手紙いっぱい書いてあげればよかったなー
それがすごぉーく心残りです。


GWには毎年温泉旅行に連れて行ってくれました。
アタシの大学の授業料も出してくれました。
入院中もいっつもニコニコして、自分のことよりおばあチャンのことをいつも心配していました
ご飯やお菓子を食べてる時の「うまーい!!」って顔はピカイチです


そんなおじいチャンが大好きだったし、これからもずーっと大好きです
いっぱいお世話になったのに、何もできなくてごめんね。。。



おじいチャン―――ありがとう
スポンサーサイト
18:03  |  日常のぉ話。  |  TB(0)  |  EDIT  |  Top↑

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ankorobee7.blog34.fc2.com/tb.php/474-93b6f4fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。